子どもには嬉しいお年玉というイベント。
お正月に集まる親戚や友達の子供たちにお年玉をあげたいけど、いくらあげるのがいいの…?なんて、悩んでいませんか?
今回は、そんな方に向けて年代別のお年玉の相場について、ご紹介します。

お年玉の相場、姪っ子、甥っ子にはいくらあげる?

お年玉をあげる子供や、その親との親しさでお年玉の額を変更した方が、ご自身の中でも金額の納得感が出てきます。
親しさが高いほどお年玉の金額も上げ、傾斜をつけるのが良いでしょう。
友達の子供よりも、甥っ子・姪っ子へのお年玉は高めにしてあげてくださいね。

また、親戚が多く集まる場合は、事前にいくらあげるかを決めておくことも、時には重要。
多すぎたり少なすぎたりして顰蹙(ひんしゅく)を買ってしまった…なんて声も聞こえてきます。

お年玉の相場、赤ちゃんや小学生未満にはいくらあげる?

まだ自分でお金を使えないような赤ちゃんの場合、お金をあげるよりも、ベビー服や靴、赤ちゃんが喜びそうなおもちゃなどをあげたほうが喜ばれます。

そもそも「お年玉」は、お正月にお供えした鏡もちが子供たちに配られるたことに由来するそうです。お年玉はかならずしもお金でなくても良いのです。

年齢が小学生未満の小さいお子さんの場合は、500円程度が一般的のようです。
500円といっても、500円玉1枚をあげるより、100円玉を5枚いれてジャラジャラさせたほうが、お子さんは喜びますよ。

お年玉の相場、小学生にはいくらあげればいい?

小学生になると、お金の存在と使い方がよ~く分かってくる年齢(笑)。
小学校低学年でも、500円だとちょっと少ない印象がありますね。
「子供にあからさまにガッカリした表情をされちゃった…」という経験者も。

小学生になったら、最低でも1,000円。
一般的には2,000円程度のお年玉を上げる人が多いようです。

小学生高学年の年齢になると、友達と遊びに行って、自分の財布からお金を出して買い物をする年齢。1,000円じゃ厳しそうです。

最も多いお年玉の価格帯は、2,000円~5,000円程度とのこと。
6年生から中学生になる際には、卒業祝いもあるので、その点も考えておきましょう。
6年生の子供には「お年玉+卒業祝いね♪」とちょっと高めにお年玉を渡すのもありです。

お年玉の相場、中学生にはいくらあげる?

思春期真っ盛りの中学生にあげるお年玉の額は、アンケートによると3,000円~5,000円と5,000円~10,000円の価格帯が同じくらいでした。
金額は、5,000円が最も無難そうです。
中学1年生でも3年生でも金額を変えている人は少なく、一律同じ金額のお年玉を上げる人がほとんどですね。

また、イマドキの中学生のお年玉の使い道は、ネットゲームなんだそうです。
コンビニに行ってお年玉でギフトカードを買って、スマホアプリを課金したり、アイテム購入したりするそうです。
時代は変わりましたね…(笑)

お年玉の相場、高校生にはいくらあげればいい?

アンケートによると「高校生になったらお年玉はあげない」という方もいらっしゃるのですが、あくまでもそれは少数。
高校生までならお年玉をあげる、と一般的には考えられているようです。

そして高校生ともなると、相場の金額も上昇。
アンケートによると、5,000円と10,000円が最も多い回答でした。

金額も大きくなるので、特に高校生へのお年玉は、その親も含めた「親しさ」で金額を変えている方が多いです。
血縁の子供なら5,000円以上、血縁でも疎遠だったり、そこまで親しくない場合は3,000円、などと考えて金額を決めているようですね。

お年玉の相場、大学生はいくらあげる?

大学生にもなったらバイトしてたりするし…大学生にお年玉ってあげるの?なんて声も聞こえてきそうですね。

アンケートによると、およそ30%の方が大学生にはお年玉をあげていません。
ここで重要なのは、
・自分の子供が大学生の時にお年玉をもらっていた
・親族では大学生までお年玉をあげるのが常識
といったルールが親戚の中でないかどうか?です。

これらを無視してしまうと、親族が集まる席で身の狭い思いをすることになってしまいますのでご注意を。

大学生へのお年玉の相場は、10,000円が圧倒的でした。