ANAマイレージを貯めるには?

ANAのマイルを貯めると、家族や恋人と海外に行けたり、エコノミーからビジネスに、旅そのものをアップグレードできたり…

旅行好きな方にとっては、なによりもマイルを優先させたい!なんていう人も少なくありません。

そんなANAマイルを貯めるには、何は無くともANAマイレージクラブに入会する必要があります。

では、ANAマイレージクラブってどうやって入会するの…?
まずはその方法を紹介しますね。

ANAマイレージクラブは3種類。
年間費無料の「一般会員」、「スマホアプリ会員」と、
年間費有料の「クレジットカード会員」です。
https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/welcome/

もし悩んでしまうようなら、「年会費無料のスマホアプリ会員」がおすすめです。

ANAカードとは?おすすめのANAカードは?

「とにかくマイルをザクザク貯めて、無料で飛行機に乗りたい!」とお考えの方は、年間費を払ってクレジットカード会員になり、ANAカードを持つのがおすすめです。

その理由は以下の3点!
使うだけでマイルが貯まります。

・クレジットカードを使うと勝手にマイルが貯まる!(0.5~2%)
・飛行機に搭乗すると、フライトボーナスマイルが貯まる!(10~50%)
・ANAカードを持ち続ければ、毎年継続ボーナスマイルが貯まる!(1,000~10,000マイル)

20種類以上あるANAカード。
その中でも1枚目に作るべきカードは…ズバリ、「ソラチカカード」です。

ソラチカカードには、2種類のポイント(OkiDokiポイント、メトロポイント)を貯めることができるのですが、メトロポイントをANAマイルに変換する際のレートが最強の90%なのです。

この高レートはソラチカカードのみで、ユーザーから「ソラチカルート」という名称で呼ばれるほど。
この1枚は持っておきましょう。

ANA国際線の予約で寄付や社会貢献?その方法は?

ANAの国際線の予約や、空席情報を確認できる、ANAの「BLUE WING」というサイト。
こちらから国際線の予約・購入をすると、自動的に「フライト代の1%」が寄付されるのをご存知ですか?

ANAの「お客様が航空券を購入することで、社会貢献を行っている個人や団体へ支援が可能となる仕組みを」という理念から、BLUE WINGプログラムは生まれました。
https://www.ana.co.jp/be1/int/bluewing/

使用方法は簡単。BLUE WINGのサイトから予約や航空券を購入するだけ。
それだけで「BLUE CLASS」という区分の航空券になり、航空券の1%が寄付される仕組みです。

ユーザーの負担は1円もありません。
同じ航空券を購入するのであれば、ANAのオフィシャルサイトではなく、BLUE WINGサイトで購入するだけで、社会問題の解決の一端を担う事が出来るんです。
搭乗すればするだけ、国際的な課題解決に協力できるBLUE CLASS。
ANA搭乗の機会があれば、忘れずに利用したいですね。

ANAの公式アプリってあるの?何に使える?メリットは?

ANAの公式アプリ「ANAマイレージクラブアプリ」をご存知ですか?
このANAマイレージクラブアプリを使うことの1番のメリットは「デジタルカード」が使える事です。

デジタルカードのQRコードを、専用の読み取り装置に近づけるだけで、チェックインカウンター、検査場、搭乗口、ANAラウンジなど、スムーズに通るが出来ちゃうんです!

搭乗券を都度ゴソゴソ探すこともなく、いつも手元にあるスマホをかざすだけで済みますので、大変便利。

iPhone・Android両対応しているのも嬉しいポイント。
一度ご使用してみてはいかがでしょう?

ANAアップグレードポイントとは?使い方、おすすめなど

「ANAアップグレードポイント」というものをご存知でしょうか?

ANAアップグレードポイントとは、前年にANAとそのグループ運航便の搭乗に応じてもらえるポイントです。

その名のとおり、座席のアップグレードが出来ちゃうんです。
が、しかし…

国内線の場合、出発の当日時点でプレミアムクラスの空きが無いと使えません。

国際線の場合、出発の24時間前までアップグレード可能ですが、格安航空券やツアーの航空券ではダメ。正規運賃の航空券のみアップグレード対象なんです。

空きがある国内線にポイントが使えればベストなのですが、使い道に困った場合は…
「ANA SKYコイン」に交換する事をオススメしています。

ANA SKYは 1SKYコイン=1円に相当し、1アップグレードポイントで1,000 SKYコインに交換できます。

SKYコインにすると、それをANAの航空券やツアーの料金支払いに使えるので、一気に便利に!
この機会に、覚えておいてくださいね。