王様のブランチの本ランキングを観たい

皆さんは「王様のブランチ」というテレビ番組をご覧になったことはありますか?
王様のブランチはTBSと一部系列局で毎週土曜日に放送されている情報ワイド・バラエティ番組です。
この番組では他の情報ワイド番組とは一味違ってショッピングや芸能、グルメだけでなく「ブックコーナー」があり出版界の最新情報やランキングを特集してくれるんです。

この番組に紹介された本は総合ランキングTOP10として公式サイトにも掲載されていますので、番組を見逃した方も後からチェックできます。また多くの出版社や著者も「王様のブランチにて紹介されました!」などと宣伝に使うことも多いことから、かなりの反響がある番組・コーナーであることがわかります。

中学生の本ランキング、読むべき本は?

お子様を持つ方なら一度は聞いたことがある「進研ゼミ」「こどもちゃれんじ」。これらはベネッセの通信教育講座なのですが、進研ゼミは中学生利用者数No.1です。
この教育のプロであるベネッセコーポレーション社からも、本を読むことは勉強の手助けなったり、興味の幅を広げてくれたりするのに役立つとして中学生が読むべき本を「読書の旅にでかけよう」という特別企画で紹介してくれています。

歴史の本や国語、社会の理解に役立つ科学や世界史、日本史。そして部活を頑張りたい中学生向けや恋愛小説まで幅広い分野において通信教育のプロたちが選んだ本を知ることができます。
読書感想文ように読んでも良し、自身の進路の選択技のヒントにも繋がるかもしれない本との出会いを体験してみましょう。

本ランキング、ベストセラーを知りたい

本屋さんに限らず、物を販売しているお店で見かける「ベストセラー」という文字。
この文字をみるだけでなんだか気になって、その商品を手に取ってしまいますよね。
評価の高い物はやはり長く、そして多くの人々に愛されている物である一種の証拠として表示されているのです。

直接書店へ足を運んで「ベストセラー作家」が書いた本を見つけるのも楽しいですし、ベストセラーとして売り上げを伸ばしている本を直接手に取ってみることで、興味の対象ではないジャンルであっても今はどんな物が売れているのかを知る機会にもなりますよね。

じっくりと本屋に立ち寄る時間がない方や、サクッとベストセラー本を知りたい方はインターネットを活用してベストセラー本を探してみましょう。

「紀伊國屋書店」さんの公式ページでは今最も売れている書物が日替わり、週替わり、月替わりで知ることが出来ます。ジャンルも総合、コミック、予約、CD,DVDなど既に細かく分割されていて見やすく設計されています。

本ランキング、発行部数と実売部数はどう違う?

本のランキングでもよく耳にする「発行部数」と「実売部数」
よく本を宣伝する広告や媒体で「〇〇万部突破!」などと使用される言葉ですが、実は発行部数というのは実際に売れた本の冊数ではないんです。

発行部数とは、本を刷った数を指しており、一般の商品に置き換えるならば「生産数」です。そして実売部数とは、本が売れた数を指しており、一般の商品に置き換えた場合の「売上数」または「販売数」になるのです。

実は、「〇〇万部突破!」という言葉は実は「発行部数」を言い換えている表現なのです。
この「〇〇万部突破!」という広告を見て「こんなに売れている=面白い・良い書物であるはず」という思い込みは実は正確ではないんですね。

もちろん、発行部数を増やしているということは売れている書物あることには変わりないのですが、発行部数と実売部数は比例しているわけではありません。
出版社が発行部数で広告を出すのは当然ですが、実売部数より発行部数の方が数字が大きく、消費者にインパクトを与えられるからです。
このカラクリをしっているだけでも「〇〇万部突破!」の宣伝文句だけでなく、購入価値のある本であるかどうかをしっかりと吟味できるようになると思います。

本ランキング、人気の本を知りたい

今世間では一体どんな本が人気を集めているのか、どんな本が読まれているのかを知ることで世の中の流れをいち早く察知することができるのも読書の利点です。

インターネットでサクサクと検索できますが、知見を広げたいならばしっかりと内容を理解しながら読めたり、また忘れた頃にパラパラとめくって意味を確認できる本はインターネットでは代用できない物ですよね。

もしご自身のお気に入りの大型本屋さんがある場合、その公式ページにアクセスしてみましょう。例えば、大型の店舗を構えている「紀伊國屋書店」さんでは公式ページに行くと「注目の本・書評」という枠があり、季節のおすすめ絵本や話題の親書、新刊情報を入手することが可能です。

または、読みたいジャンルは決まっているけれど一体どの本を選んだら良いのかわからない…そんな方はアマゾンにて「本」のジャンルから人気順に並び替えをしてみるのもおすすめです。

人気の本がたくさん表示されますので、その中からご自身の予算や知りたい内容に合わせて本を選んでみてはいかがでしょうか?