ボクシングの試合結果を観たい

ボクシングといえば、よく大晦日とかにテレビでやっているのを見たことがある人は多いと思います。試合もそうですけど、試合までの期間も選手に密着したりしてとても興味を惹くような構成になっていますよね。
でもあのような試合は日本でも、トップクラスの人気のある世界チャンピオンがやる試合です。

実はプロボクサーって結構人数がいて、チャンピオンも世界チャンピオンだけではなく、東洋太平洋チャンピオンに日本チャンピオンなどもいます。もちろんチャンピオンを目指すボクサーたちも日常的に試合を行っています。
後楽園ホールなどでよく試合が行われていて、気になる選手ができたら試合結果とか気になりますよね。そんなときに見るのがJBC(日本ボクシングコミッション)のホームページです。月ごとに公式試合結果が出ているので、そちらでチェックすることをおすすめします。

ボクシング、今日の試合を確認したい

ボクシングは己の拳と鍛え上げられた肉体のみで戦う、とても激しくて魅力的なスポーツです。
何かがきっかけでそんなボクシングにハマってきたら、ぜひチェックしてほしいのがJBC(日本ボクシングコミッション)のホームページです。

JBCのホームページには毎月ごとの試合結果はもちろんのこと、月ごとの試合の予定も細かく掲載されています。
そのためここを見れば、今日は誰と誰の試合がどこの会場であるとか、その試合のプロモーターはどこのボクシングジムであるとかがわかるようになっています。
そこでもし都合が合えばぜひ会場まで観に行って下さい。
生のボクシングの迫力を知れば絶対にハマると思いますよ。

ボクシング、今後の日程は

ボクシング観戦が趣味になったらやっぱり後楽園ホールなどの会場で試合を見たいと思いますよね。その場合どこで試合の日程を調べるかということですが、やはり一番良いのはJBC(日本ボクシングコミッション)のホームページだと思います。
だいたい翌月の試合の日程までは出ています。もちろん試合会場も掲載されていますし、試合の開始時間も掲載されています。

JBC(日本ボクシングコミッション)のホームページからPDFのページへとリンクが貼ってあり、そこで全試合の細かい試合時間であるとか、もちろん選手名、ウェイト、所属ジムなど詳細情報がわかりやすくなっているので、必ずチェックしたいですね。

ボクシング、パッキャオってどんな選手?

マニー・パッキャオという名前をご存知でしょうか?

あまりボクシングに詳しくないという方でも、名前くらいは聞いたことがあるかもしれません。
パッキャオはフィリピンの伝説的な名ボクサーです。数年前に昨年の大晦日に那須川天心をKOしたメイウェザーと夢の試合をしたボクサーです。

一日一食の日もあったという貧しい生まれながらその類まれなボクシングセンス史上2人目の6階級制覇を成し遂げ、パウンド・フォー・パウンド最強とも呼ばれた名チャンピオンです。
そのファイトスタイルは、競合相手でも果敢に打ち合いに挑みKOを狙うというハードパンチャーで、スピードとスタミナにも優れ、リングを縦横無尽に動いて手数で圧倒してきました。

母国フィリピンでは英雄的な存在となっています。2016年からはフィリピン議会で上院議員も務めています。
フィリピンやアジアのみならず世界的に見ても、真のレジェンドと言えるでしょう。コンピューターゲームのパックマンにひっかけて「Pacman(パックマン)」というニックネームでも呼ばれています。

ボクシング、計量について知りたい

ここ最近何かと多いですが、ボクシングで計量オーバーという言葉を聞きますよね。計量って何となくわかりますが、詳しくはわからないという方も多いと思いますので、それについて書いてみたいと思います。

現在ボクシングにはミニマム級(105ポンド)からヘビー級(200ポンド超)まで、17もの階級に分かれています。
選手は試合までに減量やトレーニングで規定の階級の体重をつくり、試合の前日に計量を行います。
そして計量後に試合の本番までに体力を回復させるという流れになっています。

この計量で体重オーバーとなってしまった場合は、再計量まで2時間の猶予が与えられて、何度量ってもよいことになっています。
ちなみに世界戦の場合は、王者が前日計量をクリアできないとタイトルが剥奪されます。王座は空位になり、チャンピオンが勝てば王座は空位のままで、負ければチャレンジャーが王座につくことになります。