文章、時候の挨拶を知りたい

近年ではメールやメッセージアプリによるやり取りが増えてきている影響で、手紙を書くという行為をしたことがない人も増えています。それでも便箋や手紙といったものがなくならないのは、手紙の方が思いは伝わりやすいと信じている人が多いからです。
手軽にメッセージを送ることができる現代だからこそ、わざわざ紙に文章を書いて郵送する手紙にかかる手間や思いが引き立っているのかもしれません。


手紙において重要なのが最初に書く文章となる時候の挨拶です。
1月に書く手紙であれば、「新春の候」や「極寒の候」といった言葉の後にご清祥やご繁栄に対する喜びを申し上げるのがマナーです。
こうした挨拶を掻いた後に、季節に因んだ書き出しで話を展開していきましょう。

時候の挨拶はオリジナリティよりも正しい言葉を使うことが重要です。「ProPortal文例集」といったサイトなどを参考にしながら、自分に合った挨拶を探してみましょう。

手紙やメール文章の例文は?

手紙やメールを書く際には様々なルールやマナーに注意する必要があります。
しがらみが面倒と感じる人もいるかもしれませんが、それを守ることが社会で上手くやっていくために必要なのです。
目上の人や仕事先の人に連絡を取る際に文章を用いる場合は、「例文.jp」といった例文サイトを利用すると良いでしょう。


例文サイトは失礼のない言葉遣いを学びながら、必要な事項を伝えるためのテクニックを習得するのに最適です。
ただし有名な例文サイトは多くの人が活用しており、何度も多用しているとオリジナリティのない人間だと思われてしまいます。

文章を書くのに慣れていないときは例文サイトを活用するのも良いですが、慣れ始めたら自分の言葉で手紙やメールを書き、文章力を鍛えておいた方が将来のためになることでしょう。

文章を要約するには?どうしたらいい?

長々としたテキストを要約して、重要な部分を伝えることは仕事やプライベートでもよくある行為です。
文章を要約するにはいくつかのコツがありますので、それを頭に入れることから始めましょう。文章を要約する際には、それぞれの段落ごとにまとめていくのが簡単です。

段落とは簡単にいうと、文章の冒頭が一段下がっている文字列の塊です。
ここの内容を短くまとめたうえで、自分の言葉に置き換えるのが要約のテクニックの一つといえます。
全ての内容を伝えようとするのではなく、枝葉末節については削除したり、大胆に削る勇気も要約には必要です。
いらないだろうと思われるところは思い切って削り、見やすさを重視することも要約の重要な側面です。

また最近では、無料で文章を自動要約するサービスも出始めています。
要約のテクニックを身に着けたい人は、自分が要約した文章をそういったサイトで再度自動要約したうえで、足りない部分や余計だったところを確認するのも良いでしょう。

文章の書き方、うまくなるコツは?

文章を書くのが苦手という人は、書くという行為そのものに対して苦手意識を持っている可能性があります。
文章はそもそも相手に何かを伝えるための手法であり、伝わることが一番の目的です。
表現や構成といったものを意識する前に、とにかく文字を書き連ねてみることが文章嫌いを克服する方法といえます。

文章の書き方としてよくある手法が、箇条書きにしたものをさらに詳しく描写するといったテクニックです。
箇条書きであれば一つの文章は短くなりますが、それをいくつも用意したうえで詳細を記述すると、案外簡単に文章がかけてしまいます。
初めから上手く書こうと思うとドツボに嵌りますから、まずは気軽な気持ちで文字を書き込むことから始めましょう。

短い文章をうまく書くコツは?

ある程度文章を書けるようになった人が陥りやすい現象として挙げられるのが、独りよがりの詳細描写です。
文章は誰かに伝えることが最重要目的であり、そこを忘れてしまうと書いている側だけが気持ち良い文章になってしまいます。

一文が長くて読みにくいと言われる人は、短い文章で表現することの大切さを思い出しましょう。
短ければ短いほど良いというわけではなく、全体のバランスが重要です。
長い文章が2つ続いたから息継ぎとして短くまとめておこうといった形で文章全体を眺めることができるようになると、読みやすさの向上に繋がります。