皆さんは、問い合わせ電話のマナーや、最初の一言など、気にしたことはありますか?
電話の問い合わせも様々ですが電話の向こうにいる相手への最初の一言、私はすごく緊張します!
今回は電話の問い合わせに関するマナーや礼儀など、役立つ情報を調査してみたので、ご覧ください♪

電話の基本の問い合わせ方を教えて

ショップの商品や携帯電話についてや、宅配業者や様々な予約や応募など、電話での問い合わせをするケースはいろいろあります。
顔が見えない知らない相手や顔馴染みの企業の受付担当者など、電話で質問するわけですが、たとえ問い合わせ電話でもやっぱりマナーは必要ですよね。

皆さんは例えば、問い合わせ電話をかけた時、どんな一言から会話を始めますか?
「●●の予約の件でお電話しました」とか、「●●の応募のことについて電話しましたが…」など、目的に沿って主旨をストレートに伝えると、相手も意図が分かるので話は早くすんなり進むでしょう。


日本人に多いと思いますが、例えば相手が電話に出て会社名と名前を名乗った後に、「すみません…」と真っ先にこんな言葉が口から出たりしませんか?
「すみません…、●●について電話をしましたが…」こう続くかと思います。
こんな場合、「すみません」で一旦、ほぼ沈黙が数秒ありますよね。

こんなとき、「すみません”が”」と言葉を切らないで”が”の繋ぎ言葉を入れることで、本題にスムーズにいくかと思います。
他には、「お忙しいところ、恐れ入りますが」と向こうの状況を気遣うような内容を、言葉にした後に用件を伝える。
また「お取り扱いの商品について、お尋ねしたいことがありまして」など、こういう一言はおすすめです。
先方の状況も配慮して、まず始めの第一声、マナーは大事。簡単で気遣いある言葉がけで、後はスムーズに本題に進めると思います。

電話問い合わせ、マナーが知りたい

今回調査してみて感じた、電話を受けた側が不快な気持ちになるようなマナーの悪い、問い合わせ電話の例を挙げてみたいと思います。
あなたがお客様という立場だとして、お店とかへ商品の問い合わせをする場合も最低限のマナーは必要ですよね。

商品などのような問い合わせの場合は、名前を名乗らなくてもOKです。
だけど客という立場から、顔が見えないことを理由に調子に乗ってあからさまに上から物を言うようなデカイ態度で、お店の関係者に向かって
「ねえ、●●って商品ある?え?無い?じゃあ、いいわ、フン!」プープー(電話音)…
なんて感じの人も多いそうです。
こんな電話の仕方はまず、大人として、その人の常識を疑ってしまいますよね。


お店の関係者よりも自分が格上だとの思い込みがあるからこそ、こんな態度が出るんだと思います。お店のスタッフと客という関係の電話でもやっぱり先述したように、ちょっとした気遣いを感じる言葉は非常に大切です。
モラルがないなあと感じるのも人それぞれですが、最低限のマナーだけは守りたいなと思います。

電話問い合わせを減らす方法がある?

疑問が生まれたら電話で問い合わせする前に、いろいろなサイトでよく見るFAQが解決してくれる場合も多いです。
それでも今、電話への問い合わせが減ることはありません。
その理由に、やっぱりユーザーの立場だといちいちFAQ見て探したり、頑張って探してはみるけどズバリ解決策にならないようなものばかりで、時間だけが過ぎていく…、それならば問い合わせ電話だなとなります。

手っ取り早く、カスタマーセンターに直接電話で聞いた方が早いですよね。
なんだったら担当者にも繋げてもらえますし、分からない状態を口で細かく説明する方が早いですし、解決方法を直接すぐに聞けるメリットがあります。
そのため、サポートセンターのスタッフの労力が過多になっている企業も多いと聞きます。


そんなスタッフさんたちへ向けて、問い合わせ電話を減らす方法のアドバイスとしては、以下のようなものが挙げられます。

◆少ない問い合わせ内容のFAQも提示
◆検索性能の拡大
◆FAQ利用によるメリットを掲げる

現状のFAQを根本から作成し直す工夫も必要ですね。
問い合わせの多いものしかFAQが無い場合、これまで例が無いようなものを載せることに意味があると思います。
FAQを私たちユーザー視点で使いやすく分類化され、様々な細かい疑問にしっかり回答を提示できれば、問い合わせ電話を減らす第一歩となるでしょう。

電話問い合わせを増やすには?

逆に今度は、問い合わせ電話を増やす方法に関して調査してみました。
WEBサイトには、問い合わせがほぼ無い、全然無い!!というようなところもあるとか。
ちょっとびっくりですよね。
こんな企業は「何で誰も問い合わせをしてくれないのだろう…」と悩むそう。

そんな企業向けに、問い合わせを増やす方法を調べてみました。
問い合わせを一気に増やす方法について、まず重要なページは一体どこかを知る必要があります。そこに新しくページを1つ加えるだけで、急激に問い合わせが増えるみたいです。

また問い合わせに誘導するための、コンテンツの流れにも注目だそう。
問い合わせが全く来ないと悩む方は、「集客&問い合わせを爆発的に増加する方法」や「問い合わせを増やす方法」などと、ネット上でキーワード検索するだけでも大きなヒントが見つかるので、おすすめです。

電話問い合わせを英語でしたい

皆さんは、電話の問い合わせを英語で会話したことありますか?
さすがに語学堪能で英語ペラペラでないと、発音なんかも自信が持てませんし、英語が苦手な場合も何て言っていいか、困ってしまいます。

そんな方に向けて!!
インターネットの「ビジネス会話」を参考にしてみてください♪
「問い合わせ電話 英語」のキーワードで検索すると、一番上に「英語での電話の問い合わせが解決!状況別フレーズ例文」と出てきます。
ここには初心者でも分かりやすく、英語と翻訳の説明が記載されてるので、是非、英語力を身につけるためにも見てみてくださいね。

ちなみに電話お問い合わせは英語で
「Telephone inquiry」。
Googleで検索すると正しい発音を、ヒアリング出来ますよ。

最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

スポンサーリンク