2019年ゴルフ新ルールの特徴は?

スポーツというのは多くの人がプレイしていく中で、様々な不都合や問題が発生する可能性があります。
その原因がプレイヤーの実力であるケースや、ときにはルール自体がトラブルを誘引していることもあるのです。
多くのプレイヤーが不都合を感じるルールや、競技の面白さを損なっていると考えられるルールは定期的に改正されます。


審判がいないスポーツとして有名なゴルフもまた、2019年にルールの新ルールが採用されたのです。新ルールの最初のポイントは用語の変更です。
それまでウォーターハザードやスルーザグリーンと呼ばれていたエリアが、ペナルティエリアとジェネラルエリアという名称に変更になります。
禁止行為について緩和が行われたのも2019年の新ルールの特徴です。

パットを打つ際には、コース上のピンを抜かなくても打つことができるようになりました。
また、こいしや落ち葉といったルースインペディメントに関わるものを、取り除いたうえで打つことができるようになります。
こうした変更点を踏まえたうえで、ゴルフを見たりプレイしたりして楽しみましょう。

ゴルフ新ルールでOBはどう変わった?

ゴルフはルールを判断してくれる審判が四六時中試合を見てくれるスポーツではありません。
選手同士がお互いを見張り、ルールを厳正に守ることを前提にプレイする信頼のスポーツなのです。
初心者にとってはわかりにくいルールや、プレイをするうえで気を付けないといけないポイントがいくつもあるのがゴルフの特徴です。


2019年はゴルフの新ルールが採用された年であり、これまでとは違うルールをしっかり頭に入れておくことが大切です。
ボールが飛び出てOBになってしまったとき、ボールが実際に転がっている場所からでは上手く打てないことがありますよね。
これまではプレイング4というローカルルールによって、ボールがOBとなった場所から近いエリアで打ち直せることがありましたが、新ルールではそれが正式なルールとして採用されたのです。
初心者の人でもプレイしやすいルール改正になっていますので、これからゴルフを始めたいと思っている人は知り合いや先輩に連れて行ってもらうと良いでしょう。

ゴルフ新ルール、バンカーはどう変わった?

ゴルフに詳しくない人でも、バンカーがどのような地形なのかはイメージがつくと思います。
砂の中に転がったボールを何度も打ち、打数を重ねていく悲劇に見舞われるのがバンカーというエリアなのです。
初心者はもちろんのこと、上級者を悩ませることもあるバンカーですが、2019年に採用された新ルールでは救済措置が用意されました。


それは2打罰によってバンカーから手でボールを出すことができる、というものです。
2打罰とは2回打ったことを前提にプレイを進めるルールであり、たとえば1打目のショットでバンカーに転がった場合、2打目と3打目を犠牲にして4打目からバンカーの外にボールを出してプレイを再開できます。
より初心者に優しいルールになったゴルフを、友人や家族とお楽しみください。

ゴルフ新ルール、ロストボールの扱いは?

ゴルフ初心者にありがちなのが、いくつかのコースを巡るうちにボールをいくつも紛失してしまうという失敗です。
止まっているボールを自由に打つことの難しさを痛感するゴルフですが、2019年の新ルールではいわゆるロストボールに関する規定が改められます。

これまでは5分探しても見つからなかったときにロストボールのルールが適用されていましたが、これからは3分に短縮されたのです。
2分間短くなったことでプレイ全体をスピーディにすることができます。
改正されたルールをしっかり頭に入れて、ゴルフ場に出掛けましょう。

ゴルフ新ルール、JGAとは?

国内におけるゴルフの団体でも、JGAは特に大きな力を誇っています。
JGAは日本ゴルフ協会(Japan Golf Association)の略であり、多くの大会を主催しているのです。
2019年から新ルールが採用されるゴルフですが、JGAはそんなゴルフの発展と振興を目指した団体として活動しています。
気になる方は、JGAの公式ページにを確認することをおすすめします。

お知らせ