ハローワークとは?ハローワークの求人について

現在でも、都内だけでも求職者は25万人を超えるそうです。
連日多くの求職者が集うのがハローワーク。
私も含め、お世話になった方も多いのでは?

就職活動でうまく進まない人、失業した人、子育てが一区切りした人など、ここに来る人の背景はそれぞれですが、そもそもハローワークとはどういうところなのかをご紹介します。

ハローワークではもちろん、求人 及び 就職活動のサポートもしていますが、それ以外にも各種セミナー、会社説明会、農林漁業の仕事を探している方向けの就職支援、天災被害を受けた方向けの就職支援など、特定の条件で求人を探すこともできます。

ハローワークを利用するには求職申込みが必要。
まずは就職についての条件、希望を求職申込書に記入し、登録しましょう。

また、公共職業訓練、求職者支援訓練の斡旋もハローワークはしています。
この2つの違いは次の通りです。

公共職業訓練は、企業や業界団体が自社グループ社員に実施しているものもあれば、国や都道府県が一般労働者に対して実施しているものもあります。
国や都道府県が運営しているのが公共職業訓練です。
一般労働者だけでなく、離職者(無料)、学卒者向けもあります。

それに対し求職者支援訓練は、雇用保険を受給できない人が受けられる職業訓練です。
パソコン操作の基礎からネイリストや介護などの講座があります。

これらは、手に何らかのスキルをつけてから、就職活動に臨もうとしている求職者にはとても良いシステムではないでしょうか?

ハローワーク新宿と求職支援施設について

新宿のハローワークには、以下のように庁舎が2個所あります。

◆ハローワーク西新宿庁舎
◆ハローワーク新宿歌舞伎町庁舎

一般的なハローワーク利用の
「求人・求職の相談をする」「求人をコンピュータで探す」「失業保険の手続きをする」
西新宿庁舎。

「雇用や求人をする側の企業の手続き」「外国の方や障がいを持つ方の求職相談」
などは歌舞伎町庁舎が担当しています。

また、そのハローワーク新宿の近隣には、ハローワークと同じ求職活動を支援する以下の施設がありますので、積極的に活用してみてください。

◆新宿外国人雇用支援・指導センター
◆東京新卒応援ハローワーク
◆ハローワーク外国人雇用サービスセンター
◆わかものハローワーク

ハローワーク池袋について

ハローワーク池袋は、PCを使った求人の他に、「紙」で求人情報を閲覧できる「求人冊子閲覧コーナー」が充実しており、その冊子数は15冊以上。
毎週のように情報が更新されています。

また、仕事と育児の両立を目指すママさん向けに、マザーコーナーがリニューアル。
子連れでの施設利用がOKで、託児付きセミナーも開催。
キッズスペースも利用しやすくなりました。

ハローワーク池袋の近隣にも、いくつか求職活動をサポートしてくれる施設があります。

◆ハローワーク池袋サンシャイン庁舎
◆ワークサポートねりま
◆ハロープラザ成増

是非、ご活用くださいね。

ハローワーク八王子について

ハローワーク八王子には、「新卒応援ハローワーク」という新卒者支援の専門施設があります。
大学、大学院、短大、専門学校卒業予定者 及び 卒業後3年未満の方に向けたサービスで、ジョブサポーターの方が無料で相談に応じてくれます。

また、ハローワーク八王子と八王子市が運営する八王子しごと情報館では、ハローワークと同じく全国の求人検索が可能。
パソコンが苦手な方には紙ファイルも用意があり、先述のハローワーク池袋同様、マザーズコーナー、キッズスペースも完備しています。

ハローワーク八王子は日野市とも提携しているようですね。
共同運営するナイスワーク高幡という就職支援の場もあります。

ハローワーク品川について

ハローワーク品川では、週間求人情報がホームページでも定期的に更新されており、毎週火曜日には「ハロワdeメッセ」と題し、求人をしている企業がPRのためにブース出展もしています。
実際に顔を合わせて色々質問できる機会が設けらているので、活用したいですね。

ハローワーク品川と品川区が運営する品川区就業センターは、ハローワークと同じく就職相談、紹介サービス、求人票を見ることができます。
利用できるツールをうまく活用して、ぴったりのお仕事を見つけましょう。