「iPhoneを探す」の使い方を知りたい

「飲み会の帰り、スマホを落としちゃった…」
「あ!iPhoneをどこかに置き忘れてきちゃった!」
といった経験のある方も多いかと思います。

そういった際、名称のとおりiPhoneを探すことが出来るのは勿論、iPhoneから音を鳴らしたり、遠隔操作で初期化してしまう事もできる「iPhoneを探す」機能。
使い方を見ていきましょう。

iPhoneの「設定」-「iCloud」-「iPhoneを探す」をオンにすればOK。
「最後の位置情報を送信」もオンにしておけば、もしもの紛失の際に見つかる確率が高まります。

実際にPCやアプリからiPhoneを探す際は、iCloudにログインすれば地図上にそのiPhoneが表示されます。
音を鳴らしたり、遠隔からのiPhone初期化も簡単に出来ますので、これを機に万一に備えてはいかがでしょうか。

iPhoneのサイズ、歴代機種を比較すると?

iPhoneを購入する際、処理スピードの速さや画面の美しさは勿論ですが、「iPhoneそのものの大きさ」も重要なポイントですよね。
サイズが大きいと画面が大きくなり見やすいのですが、特に女性や手が小さい方は、片手で操作し辛くなったり、落としてしまいがち。

私は4.7インチより大きいと、ちょっと扱いづらい感じがしていて、「iPhoneSEの後継機種」が出ないかな…とずっと待ち続けています(笑)。

そこでこちらでは、歴代のiPhoneのサイズ比較をしてみました。
やっぱり最新機種は、ちょっと大きめですね。
ご参考になさってください。

機種 サイズ 重さ
iPhone SE 4 123.8×58.6 113g
iPhone6s/7 4.7 138.3×67.1 138g
iPhone8 4.7 138.4×67.3 148g
iPhoneXS 5.8 143.6×70.9 177g
iPhoneXR 6.1 150.9×75.7 194g

iPhoneの強制再起動、やり方は?

iPhoneを使っていると、なんか文字変換処理がモタつく、画面遷移が遅い…など、挙動や動作が不安定に感じることがありますよね。

そんな時に有効なのが、iPhoneの強制再起動と言われています。
その方法をご紹介します。

◆iPhone8/Xシリーズ
・音量アップボタンを押してすぐ放す
・音量ダウンボタンを押してすぐ放す
・電源ボタンを長押し(電源が切れるまで)

◆iPhone7
・音量ダウンボタンと電源ボタンを同時に押し続ける(ディスプレイにAppleマークが出るまで)

◆iPhone6s以前の機種
・ホームボタンと電源ボタンを同時に押し続ける(ディスプレイにAppleマークが出るまで)

特に不安定で無い場合でも、時々iPhoneを再起動をすると動作がキビキビして、気持ち動作が早くなったという声もあるようです。

iPhoneがiTunesに接続できない!原因は?

iPhoneをパソコンやMACに接続した際、iTunesがiPhoneを認識しないことがあります。
その場合は、以下のことを試すと解決する事がありますので、ご参考にしてください。

・iTunesを最新にする
・iPhoneをつなぐケーブルを、PC/MACの違うUSB口に刺しなおしてみる
・違うUSBケーブルを試してみる
・iPhoneに「このコンピュータを信頼しますか?」のメッセージが出ている場合は、「信頼」をタップする
・パソコン/MAC/iPhoneを再起動してみる

iPhoneのパスワードを変更したい、その手順は?

セキュリティ上、パスワードは定期的に変更した方が良いですね。
でも、iPhoneのパスワード変更ってどうやるんだっけ…という方もいらっしゃるかと思います。
そこでこちらでは、iPhoneのパスワード変更方法をご紹介します。

・iPhoneの「設定」アプリを起動
・一番上の「ユーザ名」をタップ
・「パスワードとセキュリティ」をタップ
・「パスワードの変更」をタップ
・「iPhoneのパスコードを入力」が表示されるので、「現在の」パスコードを入力
・「パスワードの変更」が表示されるので、「新しい」パスワードを入力

これでiPhoneのパスワードが変更完了です。
この機会に、パスワードを変更しセキュリティを高めてはいかがでしょう。