2019年の花粉情報、予想は?

毎年冬を超えて暖かくなってくると、鼻がムズムズ…。不快な時期がやってくることを考えるだけで、気持ちが「どよーん」となってしまう方も多いのではないかと思います。
気になる花粉情報、飛ぶ量や地域・傾向…2019年の予想はどうなっているのでしょう?

非常に花粉が多かった2018年の春よりは少ないようですが、「例年よりも花粉は多めに飛散する」という予想が日本気象協会から発表されています。
(2018年は、東京のひのき花粉の飛散量が過去10年で最高だったそうです)

傾向としては、関東、東海、四国、九州の一部にて、2月中頃から花粉が飛び始め、3月に日本全国で花粉のピーク、東京は花粉が飛散する期間が長い、と予想されています。
花粉対策はお早めに!

東京の花粉情報・予測を知りたい

都心はアスファルトやコンクリートばかりなので、花粉が土壌に付着せず飛散が長く続く…なんて言われている、東京の花粉。
2019年の、東京の花粉情報はどんな予測が立てられているのでしょうか?

暖かくなると花粉が飛び始めるスギは、冬の寒さの程度と期間、暖かるなり始める際の温度で、花粉の飛散時期が変わってきます。
東京の1月~2月の気温は、例年並み 又は 例年よりも高め と予測されていることから、ウェザーニュースによると、東京の花粉が飛び始める時期は 2/1~5 と予測されています。
気になる花粉量は、大量に花粉が飛散した昨年の6割程度になる予想であるものの、平年の1.2倍の量が飛散する予測が東京都から発表されています。

また東京都では、花粉症に関する情報を「東京都アレルギー情報navi.」というサイトに統合しました。花粉症にお悩みの方は、そちらもチェックしてみてはいかがでしょう。

福岡の花粉情報と予測を知りたい

日本全国で苦しんでいる方が多い花粉症は、日本における国民病とまで呼ばれるようになってしまいました。それでは今年2019年の、福岡の花粉情報予測はどうなっているのでしょうか?

日本気象協会によると、福岡も他の都道府県と同様に2月中旬から花粉が飛び始める予測が立てられています。特にスギ花粉は「花粉が飛び始めた」と観測される前から、わずかな量ですが飛散が開始されるそうです。
そのため花粉症の症状がひどい方は、1月のうちから花粉対策を開始した方が良さそうですね。

花粉飛散のピークは、スギが2月下旬から3月上旬、ヒノキが3月中旬から4月上旬と予測されていますが、スギ・ヒノキのピークが過ぎた後、イネ科の花粉が飛び始めます。
イネ科の花粉は6月中旬までピークが続くそうなので、対策や予防をしっかり行いましょう。

花粉情報協会とは?どんな団体?

日本各地で、花粉によるアレルギーに苦しんでいる方が多いですね。
特定非営利活動法人の「花粉情報協会」は、そんな花粉症に苦しんで切る方に向け、花粉情報の提供や管理、その情報の育成を行うことで、国民の健康と生活・社会活動を寄与することを目的に設立されました。

現在、あらゆるメディアに露出されることになった花粉情報は、花粉観測のボランティア組織が元になるデータを観測しています。
そんな花粉観測を行うボランティアグループを支援しているのが、この花粉情報協会なんですね。活動内容が気になる方、協力や支援をしたい方は、公式サイトにてご確認ください。

大阪の花粉情報と予測を知りたい

現在は国民病とも呼ばれてしまっている花粉症ですが、花粉症が初めて認められたのは戦後であることをご存知でしたか?
1960年代に花粉症が初めて報告され、たった40年で爆発的に花粉症の方が増加していったのです。

その原因は、戦後に植林が推進されたスギが有名ですが、その他にも排気ガスなどの大気汚染による、有害な微粒子の増加や、高カロリー高脂肪の食生活、ストレスが多い生活、密閉率の高い住環境によるダニ・カビの増加によるアレルギーが挙げられています。

大阪で花粉が飛び始める時期は、日本気象協会によると2/25ごろと予測が立てられています。
また、スギ花粉は3月上旬、ヒノキ花粉は4月上旬がピーク、と予測されています。
大阪の日々の花粉情報は、tenki.jpで確認する事をおすすめします。