餅つきをしたい!…でも、何が必要?

「餅つきを自分たちでやってみたいけど、どうしていいか分からない…」
そんな方向けに、餅つきに必要な道具についてご紹介します。

◆臼(うす)と杵(きね)
餅つきにはこれらが欠かせません。
通販サイトを検索すれば、色々出てきます。
子ども用の小さなものもありますよ。

◆もち米
ざっくりですが、3キロのもち米から60個ほどのお餅が作れます。

◆もちとり粉
これが無いと、つきたてのお餅が色んな所にくっついちゃいます。
お餅をついた後、丸める際に振りかけて使います。

◆セイロ
もち米を蒸すために使います。
セイロの中に敷く竹スダレ、蒸し布も必要ですね。

一式をそろえるのが大変な場合は、餅つき道具一式をレンタルしてくれるところもありますよ。
お住いの近所に無いか、一度検索してみては?

お餅のアレンジ、どんなものがある?

お餅を食べるのに飽きてきたら、お餅をアレンジして美味しく頂きましょう!
お餅のとっておきのアレンジレシピをご紹介します。

◆チョコもち
材料(2人前)
切り餅:2つ
板チョコ:1枚
ココアパウダー:適量
豆乳:20cc

1.ボウルに、1cm各程度にカットしたお餅、適当な大きさに折った板チョコ、豆乳を入れて電子レンジに。5分程度過熱します。
2.1の中身をまぜまぜしてください。うまく混ざらない時は、豆乳を少し足してから再度電子レンジで加熱。
3.ココアパウダーをラップにまぶし、その上に2を乗せて、更にココアパウダーを振りかけます。
4.くるくると細長く巻いて冷蔵庫へ。最低30分冷却しましょう。
5.お好きな大きさにカットして、出来あがり!

簡単にできるお餅レシピ!

簡単にできるお餅のレシピをお探しですか?
簡単で調理時間が短い、お餅レシピをご紹介します。

◆おもちピザ
材料(2人前)
切り餅:2つ
チーズ、トマト、コーン、ソーセージなどお好きな食材:適量
ほんだし:小さじ1

1.お好きな食材を1cm各程度に切っておきます。
2.お餅をアルミホイルの上に載せて、チーズや1で用意した具材を乗せます
3.ほんだしをちょっとだけ振ってから、トースターへ。焼けたら出来上がり!

◆ピリ辛もち
材料(2人前)
切り餅:2つ
鶏がらスープ、七味:小さじ1/2
パン粉:大さじ2

1.お餅を半分に切ってよく水に浸し、電子レンジでお餅が崩れない程度加熱(30秒程度)
2.お餅に鶏がらスープを振りかけ、パン粉と七味をまぶします。
3.油を熱したフライパンに2を入れ、色がきつね色になるまで焼けたら出来上がり!

お餅を作りたい!どうやって?作り方は?

餅つき機を使わなくても、お餅が作れるって知ってました?
電子レンジとミキサーを使って、簡単にお餅が出来る方法をご紹介します。

材料(4人前)
もち米:2合
水:200cc

1.もち米を洗って、90~120分程度ザルにあげておきましょう。
2.1をミキサーにイン!更に200ccの水をミキサーに入れてから、30分程度置いておきましょう。
3.クリーミーになるまでミキサー回転。2分弱が目安です。
4.ミキサーでトロトロになったのが確認できたら、耐熱ボウルにラップを敷いて、そこに3を入れます。
5.4の上をラップで覆ってから電子レンジで加熱。7~8分が目安です。
6.別のボウルに水を張っておき、そこへ出来たお餅を適当な大きさにちぎって入れたら完成!

出来たお餅には、醤油、海苔、アンコ、きなこなど、お好きな味付けでどうぞ♪

お餅の種類は?何がある?

一口に「お餅」といっても、実にたくさんの種類がありますよね。
今回は、特に「人気の高いお餅」をご紹介します。

◆ずんだもち
東北のお餅と言えばこれですね。
今では関東・関西でも売られているのを見る機会も増えました。
「内側にずんだ」が入っている逆バージョンの大福もおすすめです。

◆あんころ餅
冬の定番、あんこ好きにはたまりませんね。
冷めると固くなってしまうので、アツアツで頂きましょう。

◆わらびもち
奈良や京都に名店が多い、わらび餅。
ぷるぷるの触感が女子にも人気です。
材料はお餅でなく、水とでんぷんから出来ています。

◆草もち
一口食べるごとにヨモギの香りが広がって、癖になってしまいますね。
焼いても美味しいです。

「食べたことなかった!」といったものがあったら、この機会に是非召し上がってみてください。