難しい問題、なぞなぞを教えて

幼児から小学生まで幅広い子どもに人気があるのがなぞなぞです。ただのなぞなぞといっても、大人にとっても意外と難しいものもありますよ。大人でも楽しめる難しいなぞなぞをいくつかご紹介します。

Q.海苔とタマゴ、思わず買いそうになるのはどっち?
A.海苔(海苔は海草(かいそう=買いそう)だから)

Q.豚が離婚する時に食べるお菓子はなんでしょう?
A.とんがりコーン(豚(トン)が離婚するため)

Q.リンゴとみかんと桃をトラックの荷台に積んで走っています。このトラックが急カーブで落としたものは何でしょう?
A.スピード

Q.黒い犬、白い犬、茶色い犬、黄色い犬、一番おとなしい犬はどれ?
A.黒い犬(黒+犬=黙、だから)

簡単な問題、なぞなぞを教えて

なぞなぞの問題については、柔軟な発想力が必要となります。そういった点では、意外と大人よりも子どもの方があっさり正解してしまうなんてこともありますよ。
子どもと一緒に楽しめる、簡単ななぞなぞをいくつかご紹介します。

Q.あんぱん、食パン、カレーパン。色んなパンの中で日本一大きなパンってなに?
A.ジャパン

Q.落ちるときしか開かないかさってなに?
A.パラシュート

Q.3つの目が順番に光る一本足のものってなに?
A.信号機

いじわるな問題、なぞなぞ、クイズを知りたい

様々なぞなぞをご紹介していますが、なぞなぞの中でも意地悪な問題もありますよ。いくつか意地悪クイズをご紹介しますので、より柔軟に考えてみてください。ついつい文句を言いたくなるような問題ばかりなので、誰かに出してみたくなるかもしれません。

Q.2束と3束の花束を合わせると、何束になるかな?
A.一束

Q.木の上に鳥が6羽います。猟銃が銃で1羽の鳥を仕留めました。さて、残りの鳥は何羽でしょうか?
A.0羽(銃の音でみんないなくなってしまったから)

Q.3メートルのくさりにライオンが繋がれています。そのライオンは何メートル先まで草を食べることができるでしょうか?
A.ライオンは草を食べません。

Q.幼稚園、小学生、大人の中で、一番大きいのは?
A.幼稚園(幼稚園は建物なので、大人より大きいから)

おもしろい問題、なぞなぞを教えて

なぞなぞには色々な問題がありますが、ダジャレのような面白い問題もありますよ。ちょっとひっかけ問題のようななぞなぞも盛り上がるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。いくつかご紹介します。

Q.カメ、ラクダ、サイが買い物をしようとしています。何を買うのでしょうか?
A.カメラ(続けて順番に読むと、カメラクダサイ)

Q.ひっくり返ると軽くなる動物って何だ?
A.イルカ(「軽い」を反対から読むと「いるか」だから)

Q.世界の真ん中にいる虫ってなに?
A.蚊(「せかい」の真ん中の文字は「か」だから)

幼児向けの問題、なぞなぞは?

なぞなぞと言うと、文字が読めるようになった小学生が最も楽しんでいるようなイメージもありますよね。しかし、問題によっては4歳くらいの幼児からでも楽しむことができますよ。なぞなぞというよりはクイズに近い問題が多くなりますが、子どもの発想力を引き出すにはちょうどいい問題ばかりです。幼児向けの簡単ななぞなぞをご紹介します。

Q.いつも、文句ばかり言っている動物ってなんだ?
A.牛(モォーモォーと言っているから)

Q.怒るとお尻からハリを出す虫ってなんだ?
A.ハチ

Q.くるくるまわすと氷の山ができたよ。みんなのすきな食べ物なんだ?
A.かき氷

最近では本だけでなく、動画で面白い問題を提供している人もいます。どこで、誰と楽しむのかによってもなぞなぞの内容は使い分ける必要がありますが、ぜひ色んな人と楽しんでみてくださいね。
大人にとっては普段使わない考え方をするため頭の体操にもなりますよ。