「プレゼントキャンペーン」って、なんのため?

様々な事柄でよく耳にする言葉「キャンペーン」。キャンペーンとは企業や団体、あるいは個人が社会に対する宣伝活動を行うこととされています。
そしてマーケティングではこの「キャンペーン」を期間を限定して実施する広告コミュニケーションや販売促進の為に用います。そしてこの消費者キャンペーンは基本的には「プレゼントをあげる」企画が一般的です。

プレゼントを配るキャンペーンを実施して、顧客の満足度を測り、その結果から費用対効果をしっかりと分析して目的・目標が達成できるかどうかを見極めているのですね。

プレゼント応募、当たる確率を上げるには?

世の中には様々な趣味を持つ人々がいますが、その中に「懸賞マニア」と呼ばれる人がいます。何か物やサービスを消費した際にアンケートが一緒に付いてくるものがありますよね。
アンケートに回答すると無料商品が当たるものなどです。

商品に関するアンケート回答が必須の応募がほとんどであり、これは商品開発やマーケティング調査の一環なので当選者を選出する担当者は実はしっかりと応募ハガキやネット上の応募も目を通しているんだそうです。
そして懸賞がよく当たる人は多くの人「適当なことを書かないようにしている。」とアドバイスしています。

プレゼントが欲しいが為にただ「旅行に行きたいので応募しました。」や「当てて下さい。」などのおねだりだけはNGです。
具体的な動機や消費者目線で、よりメーカーにとって役立つ意見を書くことでプレゼントの当選率はグッと上がる、ということを知っておくと懸賞に応募するのが楽しくなるかもしれません。

「プレゼントのじゅもん」ってなに?

世界中で人気のロールプレイングゲームの「ドラゴンクエスト」。このゲームの中には「プレゼントのじゅもん」となるものがあります。
プレゼントのじゅもんとは、雑誌や公式イベント、コラボ企画などで発表されるキーワードのことを指します。

このキーワードを入力することで自身のキャラクターに元気玉や装備アップ、メタル迷宮券などのアイテムが手に入るので、プレイヤーはこのプレゼントの呪文を仲間同士で教えあってゲームをより一層楽しいものにしていくのだそうです。

「チケット」は意外なプレゼントに?

プレゼントは何も物質的に存在するものを贈ったり、貰ったりするだけではありません。
例えば物を所有することに一定の基準がある人などは、プレゼントでも貰った物が全く自分の好みではなかった、もしくはむしろ迷惑だと思う人もいます。
せっかくプレゼントを贈るのであれば相手にも喜んでもらいたいですし、貰う側も気持ちは嬉しいけれど、もうちょっと考慮して欲しかった…なんて思いたくないですよね。

2011年の震災以降、過剰な物の消費が見直されているとも言われています。そんな現代人にピッタリなプレゼントとして「チケット」が挙げられます。
特別な時間を過ごすきっかけになる体験ギフトとして人気があり、また場所も所有することもあまりありません。

最近では紙で印刷されたチケットではなくスマホでQRコードを表示するだけの電子型チケットも主流ですので贈る側も数秒で購入、相手にそのままSNSや電子メールで贈れるのが画期的です。
貰う側もチケットを紛失することがありませんし、必要でなければネットオークションで必要なチケットと交換することだって可能です。
いつもとは違う日常を特別な機会だからこそ体験するプレゼントは意外と喜んでもらえる選択肢の一つです。

2019年以降のプレゼントはどう変わる?

日本の2019年は途中で「平成」が終わり、新しい元号が発表される年でもあり、また消費税の増税が10月から実施される為、経済が大きく動く年になると言われています。2019年は前年の2018年の影響を受けてキャッシュレス元年になるとも予想されています。

中国ではすでに若者~高齢者までほぼ全員が財布を持たずに買い物ができる未来型都市があり、実際にそこに住む人達は現金を一切使わずに生活が成り立っています。
人工知能技術が世界1位である隣国中国から多くのデジタルコンテンツが輸入されると期待されており、その多くはスマホやタブレットを用いた決済やサービスの普及が更に広まりそうですね。

ヨーロッパでもすでにスマホやスマートウォッチを用いた決済手段が普通に使用されており、今後の中国の技術促進に伴い日本でも、スマートウォッチなどで多くの機種がリリースされる予定です。生活に直結してくる技術の進化と共にプレゼントとしても最新の人工知能技術を搭載した商品が人気を博すと予想されています。