レストランで使える英語表現が知りたい

年末年始にかけて海外旅行に行く方も多いと思います。
その場合は現地のレストランで食事をすることになると思います。

英語が得意な方がいれば、例えばレストランの予約一つとっても簡単に済むケースでも、英語が苦手な人ばかりで行くとなると結構緊張すると思います。

予約せずに人気店に行って満席で他のお店を探し回るのも大変なので、予約をとることをオススメします。
英語で予約を取るのは緊張しますが、お決まりのフレーズを覚えておけば上手くいきますよ!

May I have a reservation?
(予約したいのですが)

I’d like to reserve a table for two at 8 p.m. on May 7th.
(5月5日にテーブルを2人で予約したいです)

このあたりのフレーズで十分通用します。
あとは名前とか聞かれたことを答えれば予約が取れます。
ぜひ当日バタバタしないためにも予約を取っていきましょう!

レストラン予約ができる、おすすめのアプリ

良さそうなレストランを見つけたときに、予約して行く派の方と予約しないで行く派の方がいます。オススメするのは、やっぱりレストラン予約。

特に人気店になればなるほど予約をするべきです。
いざ楽しみにして行ってお店に入れないと、違うお店を探すにしてもテンションが下がってしまいますし、場合によってはお連れの方と険悪な空気になってしまうこともあります。
もちろん予約を受け付けていない人気店もありますが、そうでない場合はしっかり予約をしていきましょう。

今ではスマートフォンのアプリで、ホットペッパーグルメというアプリがあります。
こちらはとても便利で、アプリからネット予約もできますし、お店の様子や料理の様子も写真からわかります。

お店からのお知らせもありますし、何よりお得なクーポンもあります。
1度、この機会にご使用されてみてはいかがでしょうか。

レストランボードが話題?どんなシステム?

今、飲食業界で話題になっているシステムに「レストランボード」というものがあります。

「レストランボード」は予約管理・来店管理・顧客管理・集客・リピート獲得などの面でとても便利なシステムになっています。

予約管理としては、まずグルメサイト経由の予約を自動的に反映したりできるので、ダブルブッキングのリスクも減ります。
予約に関する従業員側のストレスも軽減できます。顧客情報も呼び出せるので、過去に来店してお客様も把握することができ、新人スタッフでも余裕を持った接客ができます。

お店の外でもスマートフォンやパソコンで予約状況の確認や登録ができます。また複数のお店の予約状況もリアルタイムで確認できるので便利です。
また毎日の予約数や来客数の分析もできるので、そのデータの傾向を上手く利用してお店の改善策を打ち出すことにも使えます。

この他にも便利な機能が色々とあるので、スタッフの人出不足や接客のレベルに困っているお店や集客に悩んでいるお店の経営者様は、導入を検討されてはいかがでしょう。

いま話題の「レストランバス」ってなに?

最近いくつかのメディアでも取り上げられていましたが、レストランバスというものがあります。

レストランバスはウィラー(WILLER)が10月5日に開始(東京レストランバス)したサービスで、東京の街をレストランに見立てて、特別な料理と時間を提供するというものです。

簡単に言うと、食べながら、走りながら、東京見物をするというものです。
レストランバスは2階建てになっており、1階はキッチン室になっていて2階が客室になっています。

テーブルにはコップやボトル類を固定する穴も配置されていて、屋根は空調機能を活かした快適な環境で景色を楽しめるように開閉式になっています。
また、都心部の慣行ということで最高時速は40kmであまり揺れないようになっています。

特に地方から都内に旅行に来られた方や外国人の方はとても楽しめますよ。
もちろん東京に住んでいる方もバスの2階から見る景色は一味違うので、十分に堪能できると思います。

コースは
・ヨーロピアンメニューランチコースが 7800~9800円
・和牛モダンメニューランチコースが 7800~9800円
・ヨーロピアンメニューディナーコースが 10800~12800円
・和牛モダンメニューディナーコースが 10800~12800円
となっています。

レストランウェディングってなに?特徴は?

日本では比較的新しいスタイルの結婚式でレストランウェディングというものがあります。
簡単に言うと、レストランを結婚式の会場として使うことです。

もちろんただのレストランじゃありません。
レストランでやるだけあって料理へのこだわりは凄いですし、オシャレなガーデンやテラスを併設していたりと景色も満喫できるような会場もあります。

でも一番のウリはやはり料理でしょう。
一流シェフが腕を振るう料理ですから、主役のお二人はもちろん、ゲストの方々も大満足で思い出に残る日になること間違いなしです。
また比較的リーズナブルな予算で式を挙げることができるのも魅力的です。

スポンサーリンク