「明るい」卒業ソングが知りたい!

誰もが経験する「卒業」。新しい出会いがあるだけ別れもあるものです。
特に義務教育が設けられている日本においては小学校・中学校で卒業式に歌う「卒業ソング」を練習したことがあるかと思います。
卒業ソングは感動する歌詞・音色が多い印象ですが、意外にも明るく前向きに卒業生を送り出す歌も多くあります。卒業式が終わった後に大切な仲間たちとカラオケでめいっぱい歌いたくなるような卒業ソングをみてみましょう。

・「全力少年」…スキマスイッチ
・「Best Friend」…西野カナ
・「青春フォトグラフ」…Little Glee Monster
・「CHARM」…WANIMA
・「旅立ち」…FUNKY MONKEY BABYS
・「ゆめのはじまりんりん」…きゃりーぱみゅぱみゅ
・「うたエール」…ゆず

どの曲もアップテンポで軽快な曲調。しんみりした雰囲気じゃなく明るく感謝の気持ちを伝えたい人はぜひ候補にどうぞ。

小学校の卒業ソング、いまは何が歌われてる?

保育園や幼稚園の卒園式はあまり覚えていないけれど、小学校の卒業式はほとんどの方が何かしら記憶にあるのではないでしょうか?
最近の小学校ではどんな卒業ソングが歌われているのでしょうか?

「最後のチャイム」…作詞:山本恵三子 作曲:若松歓
歌詞は学校での日常の様子が中心になっていて、学校で過ごした思い出が想起されるような非常に気持ちを込めやすい曲です。合唱曲としては難易度が高いと言われているのでしっかりとパート練習が必要になります。

「大切なもの」…作詞・作曲:山崎朋子
作曲家の山崎朋子さんは合唱で使用される人気曲を多く手掛けています。そしてこの「大切なもの」は山崎さんの代表曲とも言われる曲で、難易度もそれほど高くなく、ハモリの音程をしっかりとることでとても素敵で感動的な合唱へと仕上げることができる一曲です。

ロックバンドの卒業ソングといえば?

卒業・入学シーズンである3月は新しい生活が始まることへの期待や希望に満ちた人もいれば、人によっては希望の学校や働き口に行けず、憂鬱なスタートを切らざる負えない方もいるかもしれません。
希望に溢れた人もやる気が出ない方も心機一転ポジティブな気持ちで新生活をきれるきっかけがあると気分も上がりますよね。
合唱曲とはまた違ったテイストで卒業シーズンを乗りきりましょう。おすすめはバンド曲!

「可能性」…サンボマスター
映画「ビリギャル」でのエンディング曲としても使用された「可能性」はとってもポジティブに新たな出発を歌っています。

「大切なもの」…ロードオブメジャー
2000年代最初のJpopに勢いがあった時代から今もなお定番の卒業ソングとして人気の「大切なもの」。今学生の人もぜひとも聴いてほしい力強いメロディーです。

卒業ソングを吹奏楽で演奏したい!定番は?

卒業式で感動的な演出をしてくれる吹奏楽の演奏。中学校や高校などでは在校生の吹奏楽部が卒業生やその保護者に向け、生演奏をしてくれるのが定番の卒業式プログラムとなっていたりします。
そして日本の卒業生へ贈る吹奏楽ソングで定番なのが「旅立ちの日に」ではないでしょうか?1991年に中学校の教員によって作られた合唱曲であり、吹奏楽でも演奏される名曲になりました。

洋楽の卒業ソング、おすすめは?

海外においても卒業は流行り特別な行事。新たな門出を祝う歌や友情の大切さを歌にしたものなど邦楽と同じくらい指示を集めるジャンルです。2019年になっても名曲の人気は健在です。
英語圏での楽曲を洋楽と呼びますが、その中には日本人にはあまり馴染みのない曲もありますが、英語圏出身者や英語がわかる人に向け、卒業のお祝いを歌でプレゼントすると喜ばれるかもしれませんね。特に人気なのは以下の楽曲たち。

Graduation(Friends Forever)…Vitamin C
Good Riddance(Time of your life)…Green Day
See You Again…Wiz Khalifa feat. Charlie Puth

どれも人気楽曲ですので、和訳された歌詞を見つけることも可能です。邦楽とは少し違った雰囲気でかっこよく思いを伝えたい人は洋楽もチェックしてみて下さいね。