2018年からインターネットでの購入もできるようになった宝くじ。
年末は恒例の年末ジャンボ、誰もが高額当選を夢みます。
そこで今回は、宝くじについて色々ご紹介しようと思います。

宝くじの営業時間って?何時まで?

宝くじ売り場って、有名な販売所の他に、スーパーやショッピングモール、駅の近くなんかにも、小屋があったりして、宝くじを売ってますよね。

場所や形態によって、宝くじ売り場の営業時間に違いはあるのでしょうか?

一般的な宝くじ売り場を見てみたところ、平日はAM10:00~18:30で、土日祝はAM10:00~18:00のところが主流でした。

宝くじ売り場が、〇〇チャンスセンターという名前のものはみずほ銀行の直営店、その他の名前の売り場は個人店であることから、個人店の売り場の営業時間が変則的であることが多いようです。
そのため「AM10:00以降、18:00まで」に宝くじ売り場へ足を運べば、失敗はしませんね。
ご参考にしてください。

宝くじって、いつまで買えるの?

年の瀬が迫ってくると、年末ジャンの季節が来たなぁ…と毎年楽しみにされている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、年末ジャンボ宝くじがいつまで買えるのか?をご紹介したいと思います。

2018年の年末ジャンボ宝くじは、11/21~12/21の期間に販売されています。
買いそびれてしまった…といった事の無いよう、ご注意ください。

そもそも年末ジャンボには、3種類の宝くじが販売されているのをご存知でしたか?
1等が7臆円の「年末ジャンボ宝くじ」。
1等が3,000万円の「年末ジャンボ宝くじミニ」。
1等が1,000万円で当選本数が1000本もあるのが話題の「年末ジャンボ宝くじプチ」。

何れも、宝くじの抽選日は大晦日、12/31となっています。
抽選日迄、ワクワクして待ちましょう♪

宝くじ、よく当たる販売店は?

宝くじや年末ジャンボを買う際にも、どこで買うか?が重要ですよね。
そこで、高額当選が良く出ている・よく当たると評判の、宝くじの販売店・売り場をご紹介したいと思います。

◆西銀座チャンスセンター
ここへきて宝くじを買うためのバスツアーがあったりするくらい、日本で一番有名な宝くじの販売店ですね。
特に1番の窓口が人気で、年末ジャンの時期は常に長打の列をなしています。

◆浅草第一屋ビル宝くじセンター
こちらは、かつてtotoで1等の10臆円が出たことがあり、話題になりました。
勿論、各ジャンボの高額当選も多数。
浅草に行く機会がある際に、購入してみるのも良いかもしれません。

◆渋谷駅ハチ公広場宝くじ売り場
ハチ公像のすぐ近くにあり、こちらも高額当選が出ている売り場です。
渋谷が通勤圏の方や、渋谷の飲み会・遊びに行った際、試しに購入してみてもいいでしょう。

宝くじの受託銀行はどこ?換金するには?

宝くじを買ったら、誰もが夢見る高額当選。どうやって使おう?何に使おうかなぁ?なんて妄想が止まらない方もいらっしゃるのでは?

当選金額が低い宝くじは、一般的な宝くじ売り場で換金してくれますが、当選金額が5万円以上の宝くじの換金は、宝くじの受託銀行でないと換金できないことをご存知ですか?

宝くじの受託銀行ってどこ?となるのですが、現在はみずほ銀行のみとなっています。
1,000万円以上の高額当選している宝くじが、毎回10本以上換金されずに未換金、なんていう話もあります。
宝くじを購入したら、必ず当選番号を確実に確認したいですね。

宝くじで高額当選した場合はみずほ銀行へ、しかも営業時間内に手続きをする必要があります。
その際は平日 且つ 15:00までに、お近くのみずほ銀行へ行ってくださいね。

宝くじを買う日はいつがいい?

宝くじを買う際、買う日を決めている方はいらっしゃいますか?
せっかくなら、金運が良かったり、吉日に買いたくなるのが人情というものです。

2018年12月 及び 2019年1月の吉日、縁起の良い日を調べてみました。
ご参考にしてください。

2018年12月
12/7 大安
12/9 一粒万倍日
12/10 一粒万倍日
12/12 寅の日
12/13 大安
12/19 大安
12/21 一粒万倍日
12/22 一粒万倍日
12/24 寅の日

 

2019年1月
1/2 一粒万倍日
1/3 一粒万倍日
1/6 一粒万倍日
1/11 大安
1/17 大安+寅の日
1/18 一粒万倍日
1/23 大安
1/29 大安+寅の日
1/30 一粒万倍日