人口の統計が気になる

100年先の世界を想像するのは非常に難しいですが、現代において未来を予測するための手掛かりになっているのが統計です。
統計とは簡単にいうと、一定のグループにおける全体の様子を表す数値であり、この数値をもとに様々な事柄を分析していくことが統計の醍醐味です。
もっと端的に述べるならば、統計とは同じ環境における数字の集合体であり、取ろうと思えばあらゆるものから統計を取ることができます。

毎日の気温を全国で計測し、それを統計として利用しながら天気予報は行われています。
例年よりも寒い、例年よりも降水量が多いといった分析ができるのも統計のおかげなのです。
そんな統計の中でも重要性が高いのが人口の統計です。


人口はどれだけの人間が存在するか、すなわち労働力となり得る人間の数を表しており、町や国が将来設計をするうえで欠かせない数値といえます。
総務省統計局公式サイトの「人口推計の結果の概要」ページでは、日本国内の人口統計について記載されています。統計が気になる人はチェックしてみましょう。

世界の「幸福度」の統計は?

統計というと数字を相手にしたお堅いイメージを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、実は私たちの身近な統計はいくつも存在します。
私たちの世界は統計によって現在と過去、そして未来に関するデータを集め、予測を立てているのです。

統計では同じ形式で採取したデータを比較するだけでなく、そのデータの内訳も重要になってきます。
たとえば「日本と世界の統計データ」というサイトの「インバウンド(訪日観光客)の市場規模と内訳」ページでは、日本に観光目的でやって来た人たちがどれくらいのお金を消費したのかを表す統計が出ています。
その内訳では買い物代が最も多くの割合を占めていることが見て取れます。


こうした統計のデータを利用して、買い物客が手に取りたくなるようなお土産を開発しようと試みるのも、統計を活かした商売といえるのです。
世界各国の幸福度を調査した以下のURLで見られる統計はなかなか興味深いといえます。
https://toukeidata.com/country/kouhukudo_hikaku.html
経済的に発展している国が必ずしも幸福度は高いということはなく、社会福祉に力を入れている国々が国連の調査では上位に来ているのです。
こうしたデータを見比べるのも統計の面白いところですので、気軽に統計をご覧ください。

統計法とは?どんな内容?

統計とはデータの集まりであり、統計をもとに多くの事柄が決定されます。
しかし統計を算出するためのデータ自体に誤りがあったり、でたらめな方法で統計を取っていては、統計を地盤にして進めた物事にもまた歪みが出てしまうのです。
特に政府が調査する統計に関する規定として知られているのが統計法です。

統計法は公正かつ効率的に統計データを集めるための仕組みや、統計によって得られた情報の保護など様々な事柄がまとめられているのです。
統計法という法律が定められるという事実が、統計の重要性を世に知らしめているといって良いでしょう。

都道府県別の人口の統計を見たい

人間は数字によって多くの事柄を理解することが可能であり、それが統計という形で社会に貢献しています。
統計があるおかげで政府は都道府県や市町村の様子を正しく認識し、将来に向けた政策を決定することができるのです。
統計は単なる数字ではなく、根拠となり得る強い力を持っています。

たとえば統計の結果、とある町の人口流出が止まらないことがわかれば、そこに少子化対策の予算をつぎ込めるといった具合です。
以下のURLでは各都道府県の人口や気象といった様々な統計がまとめられているので、気になった人は見比べてみると良いでしょう。
https://www.stat.go.jp/naruhodo/c1s3.html

統計、正規分布を知りたい

統計が統計学という一つの学問を形成しており、経済を理解するうえで非常に重要な役割を果たしています。
統計をまとめたグラフを見てみると、正規分布という形のものに巡り合います。

これはグラフ全体が左右対称なデータの分布であり、別名ガウス分布とも呼ばれているのです。
正規分布は統計学の基礎となる関数の一つで、これをもとに様々な計算が行われます。
正規分布に関する計算やグラフを詳しく知りたいという人は以下のURLの開設をご覧ください。
https://bellcurve.jp/statistics/course/7797.html