定番の旅行会社・代理店を知りたい

国内でも国外でも旅行に行こうと思ったときに、まずは旅行会社や旅行代理店を探すところから始めますよね。

ただ旅行会社・代理店について詳しく知らない方や今まで旅行に行ったことがない方は、どのように旅行会社を選ぼうかと迷っている方もいると思います。

そこで参考にしていただくために2つの旅行会社を紹介してみようと思います。

H.I.S:格安航空券販売の最大手です。キャンペーンプライスのツアーは他社の追従を許さず、燃油サーチャージ代を含めても、なお低価格を実現しています。学生さんに大人気の旅行会社ですね。

JTB:日本で一番大きな旅行会社です。海外の各所に支店があり、現地の案内もしてくれる安心の対応が期待できます。色々な旅行会社の中でも旅行の質が高く、満足度も高いです。また「ダヴィンチコードの謎を解く旅」などの企画性の高いツアーを計画したりしています。

旅行に必要な持ち物は?

海外旅行へ行く前にはしっかり持ち物チェックをしておきたいですよね。
国内旅行なら何か忘れてもなんとかなっちゃうのですが、海外旅行の場合だとすべてハードルが上がってしまいますからね。それでは必需品のリストを挙げてみます。

証明書類:パスポート、ビザ(VISA、査証)、旅行会社保険保険証、パスポートなどの各種証明書のコピー、証明写真(4.5×3.5cm)2枚
交通・宿泊:航空券、日程表(ツアーなどの)
お金:現金(日本円)、現金(現地通貨)、クレジットカード、海外プリペイドカード
電子機器:スマートフォン、充電器、カメラ、予備バッテリー、モバイルバッテリー
その他(女性):化粧品、洗顔料、メイク落とし
その他(男性):カミソリ・髭剃り

それ以外は宿泊日数に応じた衣類をしっかりと持っていきましょう。
特に冬は場所によってはかなり寒かったりもするので、ダウンなどはとても重宝します。

紫外線の強いところにいくならサングラス、高級レストランに行くならフォーマルウエアも忘れないようにしましょう!

海外旅行で使える英語は?

海外旅行の不安要素はやはり「英語でコミュニケーションとれるか?」ということだと思います。
簡単な対策としてホテルやレストランなどでのシチュエーションごとの主要なフレーズを覚えておくと役に立ちますので、自信のない方はぜひ実践してみて下さい。

◆タクシーで
I want to go to this point on this map.(地図のここに行きたいんですが。)
How much is it to the place?(そこまでいくらですか?)

◆ホテルで
Check in please,I have a reservation under Tanaka.(チェックインしたいのですが、田中で予約してあります。)

◆レストランで
What would you recommend?(おすすめは何ですか?)

これらのフレーズを暗記しておくと便利ですし、これらのフレーズを起点に話が進むのでオススメですよ!

おすすめの国内旅行を知りたい

国内旅行の人気スポットといえばやはり沖縄本島だと思います。
定番でありながら、一方では遠いため行ったことがないという方も多いです。
オススメスポットを3つ紹介します。

◆首里城
那覇を一望する高台に15世紀に築城された琉球国王の居城です。戦争で焼失していて、現在の城は本土復帰記念に事業として復元されたものですが、2000年末に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されています。

◆美ら海水族館
2002年に「沖縄の海との出会い」をテーマにオープンした日本最南端の水族館です。世界最大級の水槽で泳ぐジンベイザメなどは迫力満点であり、また直接ヒトデやイソギンチャクに触れられるタッチングプールも人気です。

沖縄を訪れれば、サンゴに囲まれたエメラルドグリーンの海と、400年に及んだ王国の歴史など沢山の沖縄の文化に魅了されること間違いなしですよ!

旅行カバン、どう選んだらいい?

旅行の目的はそれぞれあると思います。思い出作り、普段頑張っている自分へのご褒美、傷心旅行、自分探し、趣味の写真・・・などなど。

そこで国内外を問わず、旅行のパートナーになるのが、やっぱり旅行かばんですよね。
旅行の日程はもちろんのこと、自分のスタイルだったり過ごし方によりマッチした旅行かばんなら、移動中でも滞在中でもストレスなく生活できます。

旅行かばん選びの基準ですが、7泊以上の長期旅行向きなのが60L以上の容量のスーツケースです。
丈夫で軽い素材を選ぶと楽ですよ。

また2~3日の旅行ならコンパクトタイプのスーツケースがおすすめです。
1泊2日程度の旅行ならボストンバッグで十分でしょう。
肩掛けできるショルダーベルト付きだととても便利ですよ。