老若男女を問わず、誰もが1年で一番楽しめるイベント…クリスマスがやってきました!
素敵なクリスマスを過ごせるように、様々なクリスマスソングをご紹介したいと思います。

洋楽のクリスマスソングは?どんな曲がある?

洋楽のクリスマスソングをお探しですか?
ちょっと大人っぽい雰囲気の、洋楽クリスマスソングをご紹介します。

◆When Christmas Comes(マライアキャリー、ジョンレジェンド)
この2人の歌声に、鳥肌が立ってしまいますね。
繰り返し聞いていられる、R&Bスタイルの楽曲です。

◆Christmas I’ll Be Steppin’(アールケリー)
こちらもR&B調で、セクシー 且つ 優しい歌声のクリスマスソングです。

◆Santa Claus is Coming to Town(マイケルブーブレ)
Jazz調の「サンタが街にやってくる」です。
静かに始まり、サビに向けて盛り上がるようなアレンジが素敵です。

◆Thank God It’s Christmas(クイーン)
映画「ボヘミアン・ラプソディ」で国内の再評価が高まる、クイーンのクリスマスソング。
フレディマーキュリーの力強く歌い上げるサビに引き込まれます。

定番のクリスマスソングといえば?

定番のクリスマスソングをお探しですか?
数ある中でも、おすすめの定番クリスマスソングをご紹介します。

◆All I Want For Christmas Is You(マライア・キャリー)
女性人気ナンバー1のこの曲。
沢山のアーティストからカバーもされていますが、やはりご本人のバージョンが1番です。

◆ラストクリスマス(ワム!)
こちらも長く長く愛されているナンバー。
色々なところで耳にしますね。
最近ですと、アリアナ・グランデのカバーが再度この曲を有名にしました。

◆クリスマスイブ(山下達郎)
この曲が発表されたのは1983年。
実に35年以上に渡って親しまれているってすごいですね。
歌詞の内容が失恋なので、切なく儚いクリスマスのイメージになっています。

恋人がサンタクロース(松任谷由実)
意外にもこの曲は、一度もシングルカットされていないそうです。
1980年の発表以来、数多くのアーティスの方にカバーされいるこの曲、やはり雪降るスキー場が一番マッチしていますね。

童謡のクリスマスソングって?どんなのがある?

子供向けのクリスマスソングをお探しですか?
童謡や子供が歌えるクリスマスソングをご紹介します。

◆きよしこの夜
あまりにも有名な讃美歌です。
子供たちが歌う歌声を聞くと、心が穏やかになりますね。

◆あわてんぼうのサンタクロース
歌詞のストーリーや音が面白くて、子どもも大人も一緒に楽しく歌う事が出来ます。

◆赤鼻のトナカイ
赤い鼻は自分では欠点だと思っていたけど、長所なんだよとサンタから言われ、トナカイが元気になるストーリーが素敵です。

◆サンタが街にやってくる
いつの時代もこの曲を歌うと、プレゼントを待つ子どもたちの心が、ワクワクしてしまいますね

◆ジングルベル
明るくポップなメロディは、寒いクリスマスに鈴を鳴らしながらサンタさんが幸せを運んでくるようで、心躍ります。

邦楽のクリスマスソングといえば?

邦楽のクリスマスソングが気になっていますか?
選りすぐりのおすすめをご紹介します。

◆白い恋人達(桑田圭祐)
この楽曲にはクリスマスという単語は一切出てこないことをご存知でしたか?
それなのに、リリースされた2001年からず~とクリスマスソングの定番として認知されて続けています。

◆すてきなホリデイ(竹内まりや)
毎年シーズンになると流れてくる、ケンタッキー・フライドチキンのテレビCMでお馴染みですね。
この曲は2001年に発表された竹内まりやさんのアルバムに収録されています。

◆いつかのメリークリスマス(B’z)
B’zの楽曲でもちょっと悲しみを感じさせるこの曲は、元々は隠れた名曲・知る人ぞ知るクリスマスソングでした。
1992年のミニアルバムに収録されています。
今は認知度の高いクリスマスソングになっていますね。

◆雪のクリスマス(DREAMS COME TRUE)
1990年に発売されたドリカムの8枚目のシングルです。
こちらは発売当初から人気の定番曲です。